ごあいさつ

一緒に仕事したいと思う相手は、どういう人でしょうか。
あるいは、自分がお客様の立場になった時、どういう相手に
お金を払いたいと感じるでしょうか。

私はズバリ、感じのいい人なのではないかと考えています。

仕事をしているのはあくまでも人間です。
お金を払う方も人間です。
人間対人間のやり取りであるということを、常に意識しておくのが
大切ではないでしょうか。

感じのいい人になる方法のひとつは、相手視点でていねいな仕事を
することだと思います。
相手の気持ちを先回りして想像し、ひと手間かけるのです。

率直に申し上げて、ひと手間は面倒くさい行為です。
面倒くさいことをやりたがる人は少数派です。

だからこそ、目立ちます

相手視点でひと手間かけることは、弱者が強者に勝つ1つの戦術であると、
私は本気で考えています。
組織プレーを体系だてる前に、まずは”個”の強化です。

私自身大企業に身を置いてみて実感しましたが、ひと手間で抜きん出る
戦術は大企業でも充分通用します。
何より、相手が喜ぶ”ニヤッと”を想像しながらの作業は、だんだん楽しく
なってきます。

綺麗事や偽善だというご意見もあるかもしれません。
確かに、その狭間で揺れそうになる時はあります。

偽善かどうかの境目は、「疲れるかどうか」だと思います。
「何か相手のために尽くすって疲れるなあ」と感じたら、
キッパリやめるサインです。
逆に「何か楽しい」と感じ出したら、どんどん進める合図です。

ただし、ビジネスはボランティアではありません。
提供した価値に対しての正当な対価を受け取る必要があります。

その対価を受け取る時に、気持ちよくお金を払っていただけるかが、
その後の行く末を大きく左右すると思うのです。

 

当サイトでは、好感度UPにつながるお話をしていきたいと思っています。
サラリーマン時代に私自身や周りの人が実践して好評を博したことや、
「こんなことをすれば相手が喜ぶだろうな」というアイデア、
街なかで出会った優良な接客例などを書いていくつもりです。

基本的には、法人顧客を持つB to B営業マンの方にお役に立てればと
考えています。
が、B to C営業マンの方や、ひいてはお店で接客する立場の方にも
参考にしていただけそうな内容も目指します。

たまに、関係ないことも書きます(笑)